マラソン初心者が福岡マラソンを完走するコツ

マラソン初心者が福岡マラソン完走するためのコツ

初めてのフルマラソンに挑戦!
福岡マラソンがその第一歩という方のために
完走できるよう、少しでも良いタイムが出るように
ペース配分や意識する点を紹介しますので、参考にされてください。

一般的なマラソンの平均タイム

  男性 女性
平均タイム 4:36:49 5:07:55
平均ペース 1km-6分33秒 1km-7分17秒

福岡マラソン平均タイム

  男性(45~49歳) 女性(45~49歳)
平均タイム 5:02:28 5:21:39
平均ペース 1km-7分15秒 1km-7分26秒

以上のように一般的なマラソンに比べて、福岡マラソンはゆっくりペースです。

それぞれの目標タイムもあると思いますが、目標タイムとペースを紹介します。

目標タイム 平均ペース(1km)
4:00:00 5分40秒
4:30:00 6分23秒
5:00:00 7分06秒
5:30:00 7分48秒
6:00:00 8分31秒
6:30:00 9分14秒

あくまでも平均ペースですので、参考程度にされてください。
5時間が目標タイムの人は1kmあたり7分6秒を目安にすると大丈夫です。
制限時間も6時間45分と他の大会に比べても長いため、
完走率が96.8%(2018)高くなっています

練習で42.195km走ったことないよ~と不安の声も聞こえますが
大丈夫です!フルマラソン初心者の方はほとんど経験していません。

チェックポイント(収容関門)

地点 関門 閉鎖時刻 場所
5.3km 第1収容関門 9:25 百道中央公園
9.9km 第2収容関門 10:09 小戸西交差点手前
14.3km 第3収容関門 10:52 今宿駅前交差点
19.8km 第4収容関門 11:44 九州大学伊都キャンパス
25.0km 第5収容関門 12:33 今津運動公園
29.8km 第6収容関門 13:20 北崎小学校
32.9km 第7収容関門 13:50 昭和バス西浦待機所
36.9km 第8収容関門 14:28 伊牟田交差点手前
40.1km 第9収容関門 14:59 吉田三叉路手前
フィニッシュ   15:20 フィニッシュ会場

福岡マラソンを完走するためのコツをお伝えします

1. スタート直後
スタート直後はランナー渋滞が起こるため、最初の1km程度は
思うように走れません。自分のペースで走りたい、制限時間が大丈夫?
などの焦りや不安があると思いますが、ここは周りの景色
特に車道から眺める天神のビル街はなかなか出来ないので、楽しんで!

あと前の人の足に引っかからないように少しスペースを開けましょう
(ほぼすり足に近い感じになります)

※無理に追い越そうとしたりすると左右にぶれるため体力を消耗します。

 

2. ~5km
ヤフードームが見えてきます。沿道の声援も多く元気をたくさんもらえます。
このあたりになると渋滞も解消されてきますので、スタートよりペースを上げて
いきましょう。5時間でのゴールを目指す方は1km-7分ほどに
車道の左右は車のわだちで走りにくく、足をとられそうになるので
なるべく真ん中を走ることを心掛けてください。
まだまだアップのつもりで慌てずに・・・

 

3. ~10km
マリノアシティ手前の橋のアップダウンでペースが乱れがちになりますが
焦る必要はないです。まだまだ先は長いですから。
ここまで来るとほぼ自分のペースで走れる余裕ができます。
後ろから抜かれることが多いと思いますが、ライバルは自分です。
沿道の応援に手を振るくらい「余裕」を持って焦らずに
特に先には生の松原を過ぎての海沿いの道は天気がよければ眺望は最高です
海の上からの応援もあるので、気持ち良くペースを保って走れます。

 

4. ~15km
今宿駅前から学研都市まで沿道の応援も多く、ペースも上がり気味になりますが
5時間ゴールを目指す方は1km-7分ペースを保って余力を残してください。
10km過ぎから前半がんばり過ぎたランナーが歩いたりして、周囲の状況も変わり
ついついがんばってしまいがちです。まだ中間点も過ぎていないのでここは我慢

5. ~中間点
いよいよ中間点が見えてきます。九大まで比較的道幅も広いため走りやすくなります
前半のクライマックス九大の上り坂が待っています。
ゆるやかな登り坂と中間点でほとんどのランナーの足が止まりやすく、
歩くランナーが増えてきます。上り坂は立ち止まることなく一気に上りきりましょう!
九大生の応援で気持ちが高ぶってくるはずです。(TVに写るチャンスかも)
坂道を下った先が折り返し地点になります。ここから温存しておいた体力の発揮し所
歩くランナーを下り坂でパスしていきましょう!
また、タイムの確認を忘れずに!ゴールタイムの予想ができるので
(3時間以内であれば大丈夫!完走は見えてきます)

 

6. ~25km
九大から元岡小学校の角を曲がると川沿いの長い道のりになります。
沿道の応援も一気に少なくなり、心が折れそうになりますが、
一歩一歩と足を進めることでゴールには確実に近づいています。
今津運動公園では牧のうどんが待っています!!
エイドでの補給は後半に向けての体力には必要です!!しっかり摂りましょう!

 

7. ~30km
海沿いの道で天気が良ければ景色は最高ですが、体力的にも厳しくなって来る頃です
ここを乗り切ることが重要となります。他のランナーで同じペースで走っている人が
いれば後ろについて、引っぱってもらうことでペースは維持できます。
沿道の応援も少ないですが、地元愛を感じる温かい応援に力がもらえるはずです。

8. ~35km
マラソンは30kmからが本番です。後半の苦しい時に待つ「のらん坂」
この坂を乗り越えると糸島の観光名所の二見ヶ浦が見えてゴールまでの
イメージも見えてきます。二見ヶ浦からは先に行くランナーが最後の登り坂を
駆け上がるランナーが見えているはずです。
先が長く見えますが、思うほど長い距離ではないので顔を上げて登りきりましょう。

 

9. ~フィニッシュ
ゴールはもうすぐです。「つまんでご卵」を過ぎて交差点を曲がると
長い直線の農道があります。
体力・気力ともに辛いときに、この直線は精神的にダメージうけますが
大丈夫!!ここまでがんばってきたんです。
後はゴールに近づいているという思いでひたむきに走るだけです。
最後のエイドでは高校生が応援してくれているので、元気がもらえます!

 

後は最後の力の限りゴールを目指しましょう!!!

ゴールにはあなたを待っている人がたくさんいます。
みんなからの祝福を受けると共にがんばった自分をほめてください!

福岡マラソンを完走するコツ

1. 30kmまでは体力を温存したペースで走る
特にスタートから10kmまではあせらず周りの流れに乗って無駄な体力の消耗は避け
10km過ぎからはランナーもばらけてきますが、ペースを抑え気味に
後半に体力を温存しましょう。

2. 他のランナーに抜かれることは気にしない
マラソン初心者はまわりのランナーが早く見えて、抜かれると気落ちしてしまいますが
気にすることはありません。自分のペースで走れば抜いていくランナーのほうが多く
なります。目指すはゴール!完走なのですから。

3. 30kmまで
ゆっくりと自分のペースで走っていても疲労は蓄積していきます。疲れがピークにくる
25km付近で疲れが出てきたら少し歩くことをおすすめします。
マラソンは30kmからが本番です!歩くことで体力を少しでも回復しましょう!
ただし、立ち止まることはやめてください!!止まってしまうと再び走り出すときの
力は倍以上の負担を与え、逆に体力を消耗します。

初めての挑戦は誰でも緊張してしまいますが、少しでも役に立てれば幸いです。

本番までがんばった練習の成果を発揮してゴールの感動を味わいましょう!

本番まで2ヶ月練習内容はこちら

本番前日の過ごし方