成長痛?いいえ、それは立派な骨のケガ!成長期にかかりやすいオスグット病とは??

スポーツ現場に関わっている方なら「オスグット病」というケガについて1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

スポーツ障害の中で膝が痛むケガとしてかなりメジャーではありますが、他のケガと同じく我慢して運動を続けると取り返しのつかなくなることもあります。

今回は成長期に起こりやすい膝の痛み「オスグット病」について

・オスグット病とはどのようなものなのか

・オスグット病の原因

について説明します。

オスグット病とは

オスグット病は画像の赤丸部分(お皿の下の硬い部分)に運動中やストレッチの際に痛みが出る症状です。

症状が進行すると赤丸部分の骨の隆起を認める場合もあります。

10~15歳の骨が成長する時期に多くみられ、男女比では男児のほうが起こりやすい傾向があります。

運動時や太ももの前側のストレッチ時に赤丸部分に明らかな痛みを訴える場合は、オスグット病の可能性を視野に入れて運動の中止や病院の受診を考えるべきです。

オスグット病の原因

太ももの前にある筋肉(大腿四頭筋)は膝を伸ばす動作のときに使う筋肉です。

ジャンプ動作の多いスポーツではこの筋肉が繰り返し使われることによって、オスグット病が発症します。

特に子供では大人に比べて骨が完成していないため、筋肉の負担による骨の剥離が起こりやすくなっています。

発症の原因となるものとしては

・太ももの前の筋肉のストレッチ不足

・過剰な運動によるオーバーワーク

などが挙げられます。

まとめ

オスグット病の症状について解説しましたが、周りの子供で思い当たる節のある子供もいたのではないでしょうか?

もしいた場合は、早めの受診をおすすめします。

部活やチームを引退して運動をやめた後でも、骨の隆起が残っていたり膝が曲がりにくいといった方も見かけます。

また、原因を取り除いていないことで他の部分のケガに繋がる恐れもあります。

子供が全力で運動を楽しんでもらうためにも、早めの受診と治療を行いましょう。