追突事故 激烈な痛みからの復活  【福岡市 中央区 糸島市 交通事故 むち打ち】

激烈な痛みからの復活 part1

最初、この患者様がご来院されたとき、
本当にどうしようもないくらいの吐き気、めまい・・・・・

眼もあけていられないくらいの状態でした

事故は、駐車場内

車の破損もそんなにたいしたことはない。。。。。

ご本人も、大した衝撃でもないのに、この痛みがどこから来るのか困惑されていました

福岡に遊びに来ていた際に遭われた事故

引っ越しまでに残された時間は2週間

あっという間にタイムリミットが迫ってきました

事故による痛みの度合いは本当に人それぞれです

こんな事故で良く生きていた!!と思うような方が痛みもなく元気でいたり、
これくらいで。。と思う方が痛みが強かったり

私が今まで、交通事故の多くの患者様を診させていただいた経験では
どうも、まっすぐ正面を向いていた場合は、比較的症状が軽いように思います

助手席で、運転席の方に顔を向けたねじった状態で衝突された場合などは、強く症状がでています

この患者様は、助手席で、窓から頭を出して後方確認をされていた際に受傷していました

ただし、本当にその場では痛みを感じなくても
3日後や1週間後に急に痛みが出る方もいらっしゃいます

若いころ、ひどい事故に遭ったにもかかわらず、痛みが出なかったのでほおっておいて、
かなり後か痛みが出現
痛みとの戦いに何十年も費やしている方もいらっしゃいます

ただ、事故からあまりに時間が経つと、施術家から見ると、
その相関関係は測れません

ただ、時間が経つほど、患者様ご自身は

「あの事故のせいで・・・・」という思いが手放せなくなってしまいます

皆さんも、その場ではたいしたことがないと思われても
きちんと期間内に治療を受けられた方が賢明な選択です

頸椎カラーの正しい装着方法
https://youtu.be/gRsgGmH2-S4