低髄液圧症候群とは

低髄液圧症候群は事故などによる鞭打ち、スポーツによる事故での外傷などによって、髄液が漏れ出してしまい髄液圧が下がってしまうために様々な症状がおこります。

体の中での髄液の生産が少なくなったり、髄液が漏れ出す量が多くなると、当然髄液の量は少なくなりますから、脳や脊髄が下がります。

髄液はくも膜下出血や脳室を囲む空間を満たす液体であり、脳脊髄を衝撃から守るクッションの役割を果たしています。

髄液が漏れやすい場所は頸胸椎移行部に多いといわれています。低髄液圧症候群と呼ばれるようになったのはまだ最近で、日本には約30万人の患者がいるといわれています。

低髄液圧症候群の症状

低髄液圧症候群は事故などによる鞭打ち、スポーツによる事故での外傷などによって髄液が漏れて髄液圧が低くなった人に発生しますが、

頭痛、はきけ、めまい、激しい倦怠感、集中力・思考力・記憶力の低下、脱力、視力障害、首がしめつけられるような感じ、後頭部から首にかけての鈍痛、常に肩が凝った状態、背中の痛み、あごの違違和感、のどの痛み
などの症状が低髄液圧症候群ではみられます。

交通事故後の後遺症がすっきりしない人は、低髄液圧症候群の可能性がありますので、髄液の漏れがないか病院での検査を受けましょう。

低髄液圧症候群の検査

Gd造影脳MRI、RI脳槽・脊髄腔シンチグラム、MRミエログラフィー、CTミエログラフィーなどで髄液漏出像を発見したり、髄液圧を測定して髄液圧の低下により診断します。

問診で7割くらい診断がつきます。低髄液圧症候群では軽い外傷のあとに様々な症状が出現し持続すれば可能性はたかく、横になると症状が楽になります。

天気が悪くなる前が調子悪いなどがあれば低髄液圧症候群の可能性はさらに高くなります。

低髄液圧症候群の治療

安静にして、水分補給をすることが大切です。入院して点滴を受ける場合もあります。

この他に低髄液圧症候群に治療法として硬膜外自家血注入があります。
硬膜外自家血注入はブラッドパッチともよばれていて、漏出部位の脊椎硬膜外腔に自分の静脈血を注入し、血液が糊状に凝固し癒着をする事によって漏れを塞ぐ治療方法です。

上記の治療法方でも改善が見られない場合、漏出部位に外科的手術を行う場合もあります。