【スポーツ障害】投球時の肘の痛み!野球肘にならないために!

こんにちは!うぃんぐ整骨院志免院の岡田幸長です!

今回は、運動している方の中で肘の痛みに多い野球肘といわれるケガについて解説していきます。

〇野球肘とは

野球肘とは10~16才の発育期に多発する、投球動作などの繰り返しによって肘に起こる障害の総称です。発症部位によって ①内側型 ②外側型 ③後方型 に分類されます。

〇分類と症状

①内側型

投球コッキング期に肘の内側(小指側)に働く牽引力(引っ張られる力)のストレスにより、靭帯の損傷もしくは靭帯が付着する骨の裂離骨折が起こる。コッキング期に肘の内側に痛みを訴える場合が多い。

②外側型

投球コッキング期に肘の外側(母指側)に働く圧迫力、回旋力(捻じれる力)のストレスにより、関節内に骨片もしく軟骨が剥がれ落ちる俗にいう関節ネズミが起こる。コッキング期に肘の外側に痛みを訴えることが多く、関節ネズミによるロッキングを起こす場合もある。

③後方型

投球加速期からフォロースルー期にかけて肘が伸びていく際に上腕三頭筋による牽引力が働き、上腕三頭筋腱炎が起こる。また肘関節が過度に伸ばされることによって関節で骨同士がぶつかり、肘頭疲労骨折や肘部骨端線離開などが起こる。肘頭骨端線の閉鎖遅延や、成人では骨棘を形成する場合もある。

〇原因

野球肘となる原因としてまず挙げられるのは投球時のフォーム不良です。コッキング期での肩、肘の角度を見ることはもちろん、股関節や体幹の使い方も見て、手投げになっていないかや身体を使った投球ができているかをしっかり観察する必要があります。

次に考えられるのはウォームアップ不足です。ウォームアップが十分にできていない筋肉は柔軟性に乏しく、無理に使用することで怪我のリスクが非常に高まります。手首や肩だけでなく全身の筋肉をしっかり温めてから動かすことでストレスのかかりにくい投球が可能となります。

最後に原因として挙げるのは、練習のし過ぎ、つまりはオーバーワークです。これは学生に多いことですが、上手くなるためにチーム練習以外でも自宅で練習を行い、疲労過多で怪我する場合があります。練習も大事ですが試合に出られなくなると元も子もありません。週に1~2回はノースローDAYを作ったり、投球数に制限を設けることで肩や肘を休ませてあげることも重要です。

〇対処と予防について

肘関節周囲に痛みが出たものに対して、まずは練習の中断とアイシング、そしてなるべく早めの医療機関受診をお勧めします。特に部活やチームに所属している方はレギュラーになりたい一心から痛みを我慢してしまうことが多いですが、我慢すればするほど治療には時間がかかります。手術となってしまい一定期間休まなければならない可能性もあるため、あの時に病院に行けばよかったと後悔しなくて済むように早めの受診を心がけてください。

予防としては練習前の十分なウォーミングアップを行うこと、そして練習後や自宅で手関節、肩関節の柔軟性を高めることを目的としたストレッチと、それに付随した股関節、体幹のストレッチを行うことです。以下に手関節、肩関節で特に野球肘に関連のあるストレッチを掲載するので、ご参考にしていただけると幸いです。

①手首を曲げる筋肉(前腕屈筋群)のストレッチ

②肘を伸ばす筋肉(上腕三頭筋)のストレッチ

この記事を書いた人

うぃんぐ整骨院 志免院

うぃんぐ整骨院 志免院

うぃんぐ鍼灸整骨院志免院 院長

作業療法士・理学療法士を両親に持つ医療一家の元で育ち、本院である六本松で4年間の修業の後、H29年4月から分院の志免院院長として就任。

趣味は水族館巡り(九州の水族館制覇!)、スポーツ全般(現在はバスケ、スノーボード)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします