筋トレと骨の成長の関係とは??

こんにちは!志免院の岡田です。

野球チームにトレーナーとして行き始めて

「子供に筋トレをさせて大丈夫なのか」

といったことをよく聞かれます。

実際に私が中学生の時もチームメイトの中で筋トレ賛成派と反対派がいて、反対派の理由として挙がっていたのが筋トレをすると身長が伸びにくくなるという噂を聞いたことがあるからでした。

中学生の時にバスケをしていた私にとっては、身長が伸びなくなるというのはとても重要な問題だったので、当時はできるだけ筋トレをさけて普段の練習の中でのトレーニングのみを行っていました。

こういった噂も多く広まっていることから、早い時期からの筋トレに疑問や不安を持っている方も少なからずいると思うので、今回のブログでは子供の筋トレと骨の成長への影響と、筋トレを行う際の注意点について書いていきます!

・筋トレが骨の成長に悪影響を与えるの??

筋トレが骨の成長に及ぼす影響については、良いとされる研究と悪いとされる研究の両方があります。

骨が形づくられるためには、ある程度の骨にかかる負担が必要とされています。骨に負担が繰り返しかかることで強い骨ができていきます。

しかしかかる負担が大きくなりすぎると、一転して骨が弱くなってしまうため、適度なトレーニング量を見定めることが重要となります。

また、成長を促すホルモンが作られる量は、以前の研究では運動をしている人の方が少なくなるという結果が出ており、この結果が筋トレをすると身長が伸びにくくなるという認識を生み出しているのかもしれません。

しかし、その研究の対象になっていた人が栄養摂取不足だったことも分かっており、運動量に見合った栄養をしっかり摂ることでそれも回避することができます。

つまり、筋トレをする、もしくは習い事などで相当量の運動をする機会のある子供には、バランスの良い食事をしっかり食べさせてあげることで身体の成長を邪魔してしまうことなく動きをよくしていくことができるということです。

・筋トレは自重を使ったトレーニングを!

子供(~中学生)が筋トレを行う際の注意点ですが、先程もおかいていたように、負担の大きすぎるトレーニングは骨を弱くしてしまうことがあります。

なのでダンベル等の重りを使ったトレーニングはさけて自分の体重のみが負担になるようなトレーニングを選択するのがgoodです!

腕立て伏せ

けんすい

腹筋

スクワット

フロントランジ

など、自重を使ったトレーニングも様々な筋肉に対するものがあり、中学生の野球チームに行った際は子供たちにがっつりやらせています(笑)

ちなみにダンベルやバーベルといった重りを使うトレーニングを始めるのは骨の成長が止まり始める高校生からがいいと思います。

それぞれの自重トレーニングにただしいフォームがあるので、また近々ご紹介できればと思います!

この記事を書いた人

うぃんぐ整骨院 志免院

うぃんぐ整骨院 志免院

うぃんぐ鍼灸整骨院志免院 院長

作業療法士・理学療法士を両親に持つ医療一家の元で育ち、本院である六本松で4年間の修業の後、H29年4月から分院の志免院院長として就任。

趣味は水族館巡り(九州の水族館制覇!)、スポーツ全般(現在はバスケ、スノーボード)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします